春のおしゃれの流行2016!今年の春のファッションは小花柄が復活

お洒落な人って、冬服には、早々に見切りをつけて、先取りで、春ファッションの流行を取り入れていますよね。

レディースファッションの春の流行も、いろいろなトレンドが、巡り巡ってやって来る感じですが、2016年の春は、久しぶりに春っぽいかわいい小花柄が復活しそうです。

まずは、素肌に着る小花柄のワンピを手に入れよう!


小花柄ワンピース
可愛いだけじゃない、ちょっぴりボヘミアンな小花柄が新鮮なワンピが、この春の注目アイテムです。秋冬はヴィンテージ調の大柄がメインだったけど、春からは断然、可愛らしくて素肌にサラッと着る小花柄です。

エレガントなデザインだと古く見えてしまうから、胸下切り替えのナチュラルなロング丈や、レトロな衿つきワンピがおすすめです。サボやハットで、ほんのりレトロなスタイリングがおしゃれですね。

マーキュリーデュオの白小花柄ワンピースは、白地にオレンジの小花柄がほのかにノスタルジックでキュート。柄と柄の間隔が広いのでナチュラルな印象がアップします。

ココディールのベルト付きグレー小花柄レースアップワンピースは、インナーキャミ付きだから1枚でサッと着れて便利です。


春にはデニム素材のトレンチコートやワンピースも登場


この春の展示会で、たくさん見かけたのがデニム素材です。デザイン的にはフリンジ付きが人気ですね。ボトムやシャツなどの定番もの以外でトライするのが、お洒落に見せるコツです。

デニムのトレンチは、着流せるような長め丈がおしゃれに見えます。ベージュ系タイトスカートに、白のトップスで70年代っぽいレトロなスカートスタイル。これにデニムのトレンチコートを羽織ると、カジュアルと可愛いのいいとこどりなコーデになります。

デニム素材でフリンジ付きのミニワンピは、大胆なフリンジデザインのおかげでガーリーになりすぎることなく着こなせます。

オールホワイトコーデも、白デニムでガーリーにスタイリング。白のデニムジャケットやサロペットのアイテムをもちいると、可愛いホワイトコーデに仕上がります。


春服のレース柄は、大胆なカットワークレースがトレンドに!


カートワークレースのワンピース
毎年のように進化を続けている透けるレース柄ですが、刺繍のようなデザインのレトロで繊細なイメージのレースのほかに、一瞬で視線を釘付けにするような大胆なカートワークレースなども登場して来ています。

ワンピースの裾とか、腕とか、裏地がない部分は、肌が透けてしまいますが、こんな風にヘルシーに肌見せするのは、ここ数年のトレンドですよね。


海外のハイブランドの春夏コレクションでは、バレンシアガやディオールなどが、積極的に透ける素材での春コーデを提案していたようです

コレを見ると、セクシーと言うよりも、やっぱり健康的に肌見せする路線は、トレンド継続中という感じですね。

国内のブランドでは、ダズリン(dazzlin)が写真のようなカットワークレースのワンピースを、

RD ルージュディアマン(RD Rouge Diamant)が、オフショルダーで袖口や裾がレースのチュニックを、

レッセ・パッセ(Laisse Passe)が総レースがらのクルーネックブラウスを、

それぞれ春の新作で投入して来ていいます。

去年からの流行アイテムでは、ガウチョパンツがありますが、ワイドパンツ系でも、スプリーカラー(thpry+color)が大胆なカットワークレースを使ったガウチョパンツを出して来ています。

初夏には、フリルトップスにスキニーパンツを合わせるコーデ


スキニーパンツも、だんだんと「ありがちな」カジュアル服になって来たので、一つ間違うと、野暮ったいコーデになりがちです。

特に、初夏や暑い時の夏コーデでは、シンプルなTシャツと合わせてしまいがちですが、ボトムスがスキニーだと、カジュアル過ぎて、ダサくなってしまう危険性大

そこで、登場するのが、20代~30代向けの2016年のレディース夏服でトレンドになっている裾がフリルになってるトップス。

特に、レース柄やオーガンジー素材が部分的に使われていて、透け感のあるアイテムががおすすめです。

ボーイッシュのなパンツと、フェミニンなフリル&レース柄で、コーディネート全体のバランスも取れて、オシャレ度がワンランクアップします。

さりげなくお腹周りを体型カバーするなら、ウエスト周りに、ヒラヒラのフリルが付いているタイプのデザイントップスもおすすめです。