ベルボトムの春デニムには、血色ピンクチークを合わせるとかわいい

ベルボトムの春デニムには、血色ピンクチークを合わせるとかわいいって知ってますか?
70年代のレトロっぽさには、ふんわりしない濃いめのピンクで、甘くない血色チークが新鮮でお洒落です。

2016年のデニムは、ベルボトムが欠かせないアイテム。いろんな形があるデニムの中で、春のねらいめは、70年代のレトロムードが漂うベルボトムに注目です。春らしい裾のフレアが新鮮です。

ベルボトムはハイウエストだから、デニムなのにカジュアル感が控えめで、程よく女らしさが演出できます。ベルボトムの足元は、厚底サンダルが定番です。ボトムにボリュームがでるので、トップスは短め丈で、コンパクトにしてバランスをとります。

元気なベルボトムファッションに似合うのが、血色ピンクチークです。一見、難易度が高そうなビビットピンクのチークも、春だからこそ挑戦できるカラーです。
見た目は、濃く感じても肌にのせると違和感なくなじんで、しっくりときまります。

ふんわりトーンのピンクより、濃いめの血色チークのほうが、顔が締まって見えて大人っぽく仕上がります。

RMK(アールエムケー)のインジーニアパウダーチークスN EX-12は、鮮やかだけどすぐになじんで、ナチュラルな血色感に変わる赤ピンクです。赤っぽいピンクチークに、はじめて挑戦するならコレおすすめです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。